リクルートプランの特徴・機能

開発ストーリー 〜 採用サイトの必要性 〜

近年では人材不足が深刻化して採用手法もどんどん変化してきています。
新卒採用では、従来3月1日に解禁されていた新卒採用が通年化し、事実上の通年採用に移行しました。会社説明やインターンにどう学生を集めるかがポイントになってきます。

中途採用では、ダイレクトリクルーティングや、様々な求人媒体の台頭で長年続いていたIndeed一強時代に変化が生まれてきています。新卒採用も中途採用も共通課題は「自社の採用情報にどうやって求職者を呼ぶ込むか」です。

受口となる採用サイトの整備を早い段階で済ませて宣伝手段を多く持ち合わせている企業が有利になったと言えます。

こだわりの機能

CAIKA(カイカ)のリクルートプランは求職者が見たいコンテンツを標準搭載です。
これからも採用時流の変化に合わせて改善していきます。

パーツを自由に追加

企業業様によって変わる見せたいコンテンツに柔軟に対応します。

増やせる職種ごとの募集要項ページ

職種の新規追加や作成済の職種から複製で簡単に職種ページを生成できます。

Googleしごと検索対応

作成した求人が「Google しごと検索」に自動で連携表示されて閲覧機会が増えます。

Indeed対応

作成した求人が「Indeed」に自動で連携表示され閲覧機会が増えます。

見ながらできる「プレビュー編集」

簡単操作を目指して設計しているためPCが苦手な方でも簡単に編集可能です。
WordPress(ワードプレス )で作成したホームページのように管理画面と見た目を行き来して確認する必要がありません。

スマホやタタブレットの表示にも対応

近年急速に普及したスマートフォンやタブレットでも最適化表示されます。
ご自身の想定する閲覧者に合わせて注力する表示をご検討ください。

常時SSL化にも対応

検索エンジンのプラットフォームGoogleが常時SSL化を推奨して数年が経ちます。セキュリティ的な面での暗号化通信はもちろんですが、SSL化していないことでのペナルティも強まる傾向が強いためホームページには必須といっても過言ではありません。

SEO対策

基本的な内部設定(meta taitleとmeta description)を全ページ個別設定がすることができます。
ホームページの見た目を整えただけでは完成ではありません。よく目にしているYahooやGoogleの検索結果画面は、裏側で設定した自己紹介文が掲載されています。これらを検索ニーズに合わせて記述することでより多くの方に見てもらえる機会が増えます。

お問い合わせフォーム設置

項目を自由に設定してコンタクトフォームを作成することができます。閲覧者が入力して送信すると会員様が登録したメールアドレス宛にメールが届きます。
24時間電話に出ることは困難でしょうからホームページを制作する際は必須機能といえます。

ナビゲーション機能

グローバルナビゲーションが利用できます。
ホームページの閲覧者は目的のページが見つからないと簡単に離脱して他のサイトに移動してしまいます。このナビゲーションは回遊性を高める効果があります。

ロゴ設定

グローバルナビゲーション上にロゴの設定が可能です。
一目で目的のサイトに訪れたかわかるので所有している方は積極的に設定しましょう。

SNS連携

Twitter、LINE、Facebook、Instagramへのリンク設定が可能です。
情報発信方法が多様化した現代ではサイト以外での情報発信も重要です。

事例を見る